美人習慣

美人は日々の習慣で作られる…らしい

Home » にきびケアをしっかりする

にきびケアをしっかりする

にきびといわれると十代前半から顔にできる、というイメージを持っている方は多いです。
しかし大人になってもにきびに悩まされている方は意外とたくさんいます。
日ごろからスキンケアを行うことでだいぶ肌ダメージが少なくなってきます。
私がやっているにきびケアは主に保湿です。
毎日お風呂で洗顔をし、そのあとにコットンに化粧水をしめらせて顔になじませます。
化粧水を顔になじませた後は保湿クリームを塗っています。
つかうものはできるかぎり自然のものが配合されている商品を選んでいます。
また日ごろの生活習慣は自分の肌や健康にダイレクトに影響します。
特に規則正しい食生活、バランスの良い食事、十分な睡眠は健康だけではなく、皮膚にも大きく影響てきます。
よく考えてみればこうした生活習慣が乱れているときは顔にできものができやすいのです。
睡眠をとらなければ肌の調子がよくなくて化粧のりが悪いだけではなく、体調にも大きく悪影響を及ぼします。
特に女性の場合は貧血にもなりやすく、私も倒れた経験を持ちます。
このように一日の終わりのケアと日ごろから食生活や睡眠にも気をつけることによって顔の皮膚のコンディションはだいぶよくなってきます。
しかしこれらのケアを怠ると顔にできものがでやすくなってしまいます。
できものがあると自分に自信がなくなってしまいます。
しかしそれがなければだいぶ自分に自信を持って生活できるようになり、化粧のりもかなり良くなります。

Name of author

Name: KireiKamo